緊張・あがり症に効く市販&通販で買える薬

人一倍あがり症で人前に立つと緊張してしまうあなたへ

就活、面接、会議、プレゼン。
緊張する場面で効果を発揮する緊張を緩和する効果のある薬について。

 

徹底的に解説しているため非常に長くなってしまいました。
必要なところだけでも読んでみてください。

 

 

緊張やあがり症に効く薬をお探しの方は緊張に効くと言われるツボを押したり、様々なあがり症対策を実践してきていると思います。そんな方でも今までと少し方法を変え、緊張対策の取り入れる順序を工夫してみることも緊張・あがり症対策、克服への手助けになるのではないかと思います。

 

緊張緩和のために薬を使うということ

「会議などの発言時に異常に声が震える」
「毎朝の朝礼が緊張するから嫌だ」
「会社で電話をかけるのが苦痛」

 

このような悩みはありませんか?

 

これは私自身の悩みでもあります。
私は学生時代から緊張しやすく人前に立つのが苦手でした。

 

学生時代であれば、
授業中の音読やスピーチ、就職活動の面接など・・・。

 

社会人になっても上でお話した緊張場面がほぼ毎日の様にあります。

 

緊張克服方法は色々実践してきましたが、どれも克服までには至っていません。
何をやっても無理で自分の情けなさに絶望していた頃もありました。
そんな中知ったのが緊張を抑える効果のある薬の存在です。
当初は本当に病院に行くしかないかと悩んでいて、あがり症治療について調べていた頃だったと思います。

 

色々調べてみた結果、緊張を緩和する効果が期待できる薬というのがいくつかあることを知りました。
それが後述していますが「インデラル」という薬です。
精神安定剤にも効果があるものはありますが、規制などにより通販(個人輸入)での購入はできなくなりましたのでここでは主に手軽に通販で購入できる薬を紹介します。
⇒ 緊張対策に効果の期待できる精神安定剤について

 

効果の面では今ひとつですが市販薬では「イララック」が有名です。
イララックについては以下で詳しく紹介しています。
市販薬イララックについて

 

緊張するのをなんとか治したいと思いつつも、あがり症で病院に行くのも恥ずかしいと思いなかなか行動を起こせずにいたので正直なところでネットで買えることを知ったときは救われた気分でした。(これもあがり症をなかなか治すことのできない理由の一つだと自覚はしています)

 

インデラル錠

実際に色々な薬を使い、今は自分に一番合っていると思う、インデラルを主に服用しています。
インデラルはこちら(写真)の薬です。

 

もしも私と同じように緊張やあがりで苦しんでいるのであれば試してみることをおすすめします。

 

ここで紹介する薬は私も普段から服用しているもので緊張場面で使用しています。個人差はあるものの、私個人が利用してみた上では、緊張を和らげる確実な効果があると自信を持って言えるものです。

 

緊張時に起こる激しい動悸、動悸による焦り、体の震えや声の震えなどを抑える作用が期待できるお薬です。

 

本当のことを言えば、私自身も薬を使わずに克服できればとは思っています。でも何をやってもうまくいかなかったため、薬に頼るしかありませんでした。実際に薬を使うことでどうにもならなかった緊張を抑えることができています。今の私にはなくてはならないものになっています。
私は薬を使って克服に励んでいますが、薬を使わずに様々な緊張対策を行うことで克服できる人もいると思います。薬を使いたくないという場合はまずはそちらから試すのをおすすめします。

 

できることなら薬なんか飲みたくないし、
それ以外の方法で緊張を治せればそれがベストだと思ってます。
ただ、それでも克服できない人は私1人ではないと思います。

 

その手助けになればと思います。
詳しくは後述していますが、ここで紹介する薬には特定の病気を持っている人以外では副作用はほとんどありませんので、緊張克服の助けになるものです。(ただし用法用量は守り正しく使用することは絶対です)
私自身が使い、安心してこれは使えるというものだけを紹介しています。

 

最終的に使う使わないはあなたの判断に任せざるを得ないですが、安心して使ってみてもらいたいと思います。

 

緊張対策のアプローチの順序を変えてみる

  • 緊張に効くツボ押し
  • あがり症克服関連書籍
  • セロトニンサプリメント

これらの緊張対策を実践したことがありますか?

 

例えば簡易的な緊張緩和の対策として色々な方法があります。緊張に効くツボ押し(労宮・神門・内関など)、深呼吸などは有名で代表的な方法かと思います。緊張に悩んだことのある方やあがり症の方であれば緊張場面で一度くらいは実践した経験があるのではないでしょうか?

 

これらの緊張対策で緊張を抑えるほどの効果を得られましたか?

 

きっと強い緊張(極度の緊張)に悩まれている方はまったくと言っていいほど効果を感じられていないのではないかと思います。私自身もそうでしたが強い緊張を感じ、あがり症状(心拍の上昇、赤面、発汗、声や体の震え)が出た後ではほとんど効果を得られないことが多いのではないでしょうか?

 

そもそも強い緊張状態にある中で冷静でいることができず、実践することもできなかったり、やろうと思っていたことや伝えたかったことを全て実行すること自体が難しいはずです。あれらの方法は私たちのような極度の緊張を感じる人にはあまり効果を成しません。


そこで緊張対策を取り入れる順番を変えてみるのも一つだと思います。

 

薬を使うこと自体が緊張対策ではありますが、緊張を抑えた脱緊張の状態ではこれまでできなかったことも実践しやすくなるものです。

 

「緊張する⇒緊張対策を実践する」のではなく「(薬で)緊張を抑制する⇒(緊張しない)⇒対策を実践する」に変えることで冷静な状態で緊張対策を実践できたり、うまく話すこともできるようになるものです。

 

あがり症や緊張対策方法を実践できる環境を作った上で実践することは緊張場面に慣れることや成功体験を積み重ねる上でも非常に有効になるはずです。

 

ゆくゆくは薬に頼らないことも視野に入れつつ改善にも取り組みやすくなるのではないかと思います。緊張を感じにくい脱緊張の状態を作れるのも緊張やあがり症に効く薬を使った効果的な対策方法になるはずです。
緊張しないコツ!緊張対策方法の取り入れる順番を変えると緊張しない

 

薬がなぜ効くのかについて知っておきましょう

緊張をなくす効果のメカニズム

緊張を緩和する薬とあがり症の起こるメカニズムを知ることで薬の有効性を知ることができます。

 

極度の緊張やあがりの原因には諸説ありますが、原因の一つとして交感神経の過剰な反応があります。

 

人前など大勢からの注目を浴びる場面に立つと緊張や不安から、交感神経の働きが活発化し、血圧が上昇し、心拍数が上がります。高鳴る心臓(動悸)に焦り平常心を失い、声や手足の震え、汗や赤面など様々なあがり症状が現れる・・・といった具合です。

 

当サイトで紹介している薬にはこの交感神経の働きを抑えたり、遮断することで緊張を抑制する効果があります。

 

例えばインデラルで言えば以下の通りです。
インデラルには、塩酸プロプラノロールという有効成分が含まれています。この塩酸プロプラノロールこそが高鳴る動悸を抑え、緊張の抑制に繋げる効果のある有効成分です。
なかなか聞き慣れない名前だと思いますが、これは本来高血圧や狭心症、頻脈性不整脈などの心疾患を持つ患者に対して、心拍の乱れを抑えて心拍を正常に保つために処方されている成分です。

 

小難しい話になりますが、さらに詳しく解説すれば、
心拍数は交感神経のβ受容体にアドレナリンが関与することで増加します。
この結合を阻止する働きが塩酸プロプラノロールにあります。
あがり症などの緊張や不安、恐怖を感じたときに脳と視床下部がそれを感知し、脳内にあるアドレナリン神経からアドレナリンが活発に分泌されるようになります。分泌されたアドレナリンは心拍数を早めるキッカケとなるβ受容体と結合します。
心疾患と緊張感のいずれも交感神経のβ受容体に作用することで心拍数が上昇するメカニズムは一緒なので、心拍数を抑える方法として同じアプローチが可能になるということです。
このような働きがある薬をβブロッカー、β遮断薬とも言います。

 

つまり、
緊張時に分泌されたアドレナリンがβ受容体へ結合し、心拍数が上昇
これを薬を服用することで、
分泌されたアドレナリンとβ受容体への結合を阻止します。
その結果として心拍は正常に保たれるというわけです。


これらの効果が得られるため、緊張に効く薬は緊張やそれに伴うあがりを緩和するのに効果的です。
脳内が緊張や不安を感知し、その影響が体に伝わるのを未然に防ぐことで極度の緊張状態に陥るのを防ぎます。

心拍数の上昇を抑制する効果が期待できるため、強い緊張を感じることもなくなり、激しい動悸などによる声や体の震えなどを抑制する効果が期待できます。

 

緊張をなくす効果のある薬

  インデラル
 

インデラル

先発・後発

先発医薬品

サイズ・量

10mg 40mg

即効性

○(30分〜1時間)

持続性

○(4〜6時間)

ユーザー評価

4.5

※即効性や持続性など薬の効き目には個人差があるためあくまで目安です

 

インデラルにはジェネリック医薬品(後発医薬品)が販売されています。ジェネリック医薬品とは、医薬品の有効成分そのものに対する特許である物質特許が切れた医薬品を他の製薬会社が製造あるいは供給する医薬品のことです。これまでに有効性や安全性が実証されてきた新薬(先発医薬品)と同等と認められた低価格なお薬です。ただし、各ジェネリックは国内では認可が下りていない薬のため、ここではあえておすすめしていません。

 

後述していますが、どの薬が1番良いというのはありません。
薬は人によって個人差のあるものなので自分に合った薬を服用することが大切です。
薬の選び方や買い方についても後述していますので参考にしてください。

 

購入する方法は2つ ネット通販か病院

前述しましたが、ここで紹介する薬はネット通販か病院を受診し、医師に処方してもらう他購入する方法はありません。

 

そのため、購入する際はネット通販か病院へ受診するようにしてください。
ネット通販も個人輸入を行う必要があります。
しかし、個人輸入と言っても代行サイトを利用することで普通の通販と同様に購入することができます。

 

通販で購入することに抵抗がある場合は病院を受診することをおすすめします。
私は先程もお話した通りあがり症で病院を受診することに抵抗があったためネット通販を利用して購入しています。

 

私が利用している通販サイトも紹介しますが、これまでに2年近く利用していますが、配送のトラブル、薬のトラブルもありません。

 

私が使っている通販サイト

例えば、当サイトで紹介している薬を買えるサイトは

オオサカ堂

オオサカ堂

BESTケンコー

BESTケンコー

くすりExpress

くすりExpress

私が知っているだけでもこれだけあります。

 

各サイトのインデラルやインデラルジェネリックを販売しているのでチェックしてみてください。

オオサカ堂 インデラル
BESTケンコー インデラル
くすりExpress インデラル

※どのサイトも緊張に効果のある薬であるインデラルを取り扱っています

 

▼その他医薬品を検索

 

 

この中で私がオオサカ堂を選んでいるのは最安値であること、これは最初のキッカケに過ぎませんが、その後2年近く利用していますが、配送についても薬についても一切のトラブルがないため信頼できるサイトであると思っています。
信用できないのであればサイトを確認してみてください。オオサカ堂が最安値だと思います。

 

ただ最近であれば在庫は少ないですがBESTケンコーやくすりExpressの方が安いこともあるのでおすすめです。基本的にこの3つのサイトであれば安心して使えるのでどれを利用しても大差はありません。急ぎでなければ予約注文もできるのでお得に購入できます。

 

そうは言っても薬というデリケートな商品、あがり症というデリケートな問題だけに通販には不安は多いと思います。

  • ちゃんと届くのか?
  • 本物なのか?
  • どんな風に届くのか?

などなど・・・。

 

その不安の解消に繋がればと思い、実際に私がオオサカ堂を利用して薬を購入した際の画像を紹介します。
実際にオオサカ堂を利用する際の参考にしてください。
※BESTケンコーとくすりExpressも同様に目隠し梱包で届くので安心して下さい

 

オオサカ堂で薬を買うとこのように届きます

オオサカ堂の配送・梱包

だいたい毎回このような形で配送されます。
私は1人暮らしのため周囲の目を気にする必要はありませんが、実家暮らしの方や親と同居している方でも何を購入したのかがバレることなく購入できると思います。

 

オオサカ堂のクレジットカード決済について

オオサカ堂で「クレジットカード決済」を選択すると注文後「マルチカレンシー選択」という項目が表示されます。
マルチカレンシーとは複数の通貨のことで決済時の通貨を選択することができます。
基本的には「JPY(円決済)」を選択すれば良いと思います。
マルチカレンシーについては以下で詳しく紹介しています。

オオサカ堂クレジットカード決済時の「マルチカレンシー選択」とは?

 

私の使っている薬と私なりの使い方

上でも紹介していますが、私が主に使っている薬はインデラルです。まれに精神安定剤でリラックス効果を得ることもあります。

 

私なりの使い方ですが、私は特に緊張時の動悸が気になるためインデラルをメインに使い、緊急時など焦ってしまいがちなときにまれに精神安定剤などリラックス効果を得られる薬やサプリメントを服用しています。
インデラルは30分程で効果が現れるため、緊張を予測できるときに1時間前から飲むようにしています。
緊張が強い場面は会議の直前にもう1錠服用するか、精神安定剤を併用します。これで緊張はかなり抑えられます。

 

ただし、余程のことがない限りはインデラルを使っています。
というより普段から使っているため安心できるというのが大きな理由でもあります。主に精神安定剤は急な会議や緊急時に服用していますが、これはどちらかと言えばおまじないみたいな感覚で使っています。

 

ただし、これはあくまでも私の場合です。
私にはインデラルが合っていますが、薬の効き目には個人差があります。
私に効果があったものがあなたに必ず効くとは限りませんし、あなたにはインデラルよりも精神安定剤やテノーミンの方が効果的な場合もあります。
つまり、薬には相性があるということです。
はじめはインデラルを試して自分に最適な薬を見つけるのが良いと思います。
現に私の場合はインデラル、インデラルジェネリック、精神安定剤など色々な薬を服用したことがあります。
実際に飲んでみて自分に一番合っているもの、効果が発揮できるものを見つけるようにすると良いかと思います。

 

はじめての方におすすめの薬の選び方と買い方

はじめて緊張に効く薬を買う際は上でもお話した通り、色々な薬を試してみることが大切です。もちろん乱用はダメですが。

 

そこではじめて薬を試す方におすすめの買い方も紹介しておきますので、はじめての方は参考にしてみてください。

 

はじめて薬を買うときにおすすめの買い方
先発医薬品を試す
  • インデラル40mg(小分け)100錠
  • テノーミン

ピルカッター

インデラル40mgとテノーミン1mgを選択するのは、それぞれmgあたりの単価が圧倒的に安くなるからです。
ピルカッターを使えば、服用量の調整も容易になるため一緒に購入しておくと良いと思います。
各薬のmgあたりの単価を計算しているので購入の際の参考にしてみてください。
各薬の単価

 

薬を使うには抵抗もあると思います。
できれば薬を使わずに克服したい。
そう思っている方も多いと思います。

 

正直に言えば私もそれがベストだと思います。
ただ、無理に克服しようとして失敗を重ねるのは深いトラウマを作る原因にもなります。
色々な克服方法を実践して結果が出なかった私でも薬に頼ることで少しずつ自信が持てるようになってきています。
ただ、薬を使いながらも緊張やあがり症の克服に努めていくことも完全克服には必要なことだと思います。
薬は緊張を抑える効果があっても克服とはまた別の話です。
薬は緊張やあがり症を克服するための手段、克服の補助薬として選択肢に追加すれば良いと思います。

 

私は薬を使うことは決して悪いことではないと思っています。
自分が助けられている以上悪いなんて思えません。
何より今まで緊張で伝えたいことが伝えられない、うまく喋れなかったことが落ち着いて話ができるようになりました。
自分の意見をしっかり伝えられることは当たり前のことかもしれませんが、私にとっては非常に嬉しいことです。
絶望していた未来が少し明るくなった気さえしています。(ちょっと大袈裟かもしれませんが)

 

薬に頼りながら、少しずつ自信をつけて緊張の克服に努めるのは健全な方法だと思います。
緊張で自分が嫌になっていたり、人生を諦めそうになっている人は是非試してみてください。

 

薬に頼るのはどうしても抵抗があるというあなたへ

あがり症は、いずれの症状も他人からどう思われているかという自意識、恐怖心が関係していると言われます。
特に、真面目な性格な人ほどあがり症になりやすい傾向があります。

 

その真面目さゆえ、「人前で緊張して話せなくなるのは恥ずかしいことだ!」など「こうあるべきだ」というルールを自分で作ってしまいがちです。
その考えから「薬に頼るのは悪いことだ」と思ってしまい、薬を服用することに抵抗を感じ、自ら克服の機会を逃してしまっているかもしれません。

 

しかし、その真面目さがあれば、薬をうまく活用することもできると思いますし、薬漬けになってしまうこともないと思います。

 

うまく薬を使いながら根本改善に取り組むこともできるのではないでしょうか?

 

あがり症の方が緊張を克服できたときの力は大きいものだと思います。
なぜなら、人の痛みや気持ちがわかります。
そして、あがってしまうからこそ今までに準備に力も入れていたと思います。
その準備が成果に繋がり始めます。
伝えられなかったことが伝えられるようになります。ちょっと未来が明るくなってきませんか?

 

また、今ではあがり症や緊張に悩む人の数も年々増えてきているようです。
ネットの普及によりこれまで悩んでいた方が明るみに出てきたのも関係しているかもしれません。
そのこともあってか、会社の会議、就職活動や試験の面接、結婚式のスピーチなどで失敗しないために活用するという報告も増えています。
つまり、社会的にも認められ、必要なツールとして認知され始めています。

 

薬の服用により、克服へのキッカケを掴み、あっという間に克服してしまう人もいるようです。

 

薬を使うことに抵抗がある場合でも、重要な会議やプレゼン、極度の緊張を強いられる場面だけでも使う。
臨機応変に対応していくと、薬ともうまく付き合っていけると思います。

 

また、持っているだけでも、「いざとなったら使う」という選択肢が増えるため、安心感を持てるようになります。
こういった小さな積み重ねが克服へと繋がると思いますので、常備しておくというのもおすすめです。

 

おすすめの通販サイト一覧へ戻る