緊張・あがり症に効く市販の漢方薬アロパノール

緊張・不安に効く漢方薬アロパノールの効果や持続時間について

全薬工業アロパノール

「逃げ出したくなるあなたに!」「ココロ、応援ドリンク」のキャッチコピーで販売されている市販薬アロパノール。アロパノールはイララックやパンセダンなどと違い「抑肝散(よくかんさん)」と呼ばれる漢方薬です。

 

アロパノールは第二類医薬品に分類され、薬局・ドラッグストアをはじめ、国内の通販サイトでも手軽に購入することが可能です。

 

以下の口コミなどでもまとめていますが、効果の面で言えば処方薬にはかなわない面があり、あがり症などの強い緊張場面での使用にはあまり向いていないと言えます。

 

市販薬であり、薬局・ドラッグストア・国内通販などを使うことで手軽に購入することはできるので処方薬は不安、まずは市販薬から試したいという方にはおすすめです。しかし、イライラや寝つきは良くすることはできてもあがり・緊張を抑制するほどの効果は期待せずに使った方が良いかと思います。

 

アロパノールとは?

アロパノールは日本の製薬会社全薬工業が販売している「抑肝散(よくかんさん)」という漢方を主成分とする市販薬です。「内服液(ドリンク)タイプ」「錠剤タイプ」「顆粒(かりゅう)タイプ」の3種類のタイプが販売されており、使う人、使用シーンによって使いやすいように考えられたお薬です。

 

効果

抑肝散はチョウトウコウ、サイコ、カンゾウ、トウキ、センキュウ、ブクリョウ、ビャクジュツの7種類の生薬からなり、神経の高ぶりを鎮め、筋肉の強ばりや突っ張りを緩め、心と体のバランスを整えることで、緊張、イライラ、不安、不眠など神経症や不眠症の症状を改善します。

 

具体的には、

  • チョウトウコウ(釣藤鈎):脳循環を改善し、手足の震え、痙攣に効く
  • サイコ(柴胡):熱や炎症を冷まし、腹直筋など筋肉の緊張を緩める
  • カンゾウ(甘草):緩和作用
  • トウキ(当帰):血行改善、貧血改善
  • センキュウ(川きゅう):血行改善、貧血改善
  • ブクリョウ(茯苓):水分循環を改善
  • ビャクジュツ(白朮):水分循環を改善

と言った効果がそれぞれにあります。

 

アロパノールは不安からくる緊張やイライラ、対人関係の過度な緊張、熟睡できない悩み、些細なことに対するイライラなど神経の高ぶりが現れる場面、職場や学校での人間関係、不安や緊張などのストレスを鎮める効果が期待できます。

 

持続時間と使い方

アロパノールには「内服液」「錠剤」「顆粒(かりゅう)」の3タイプがあります。
そして、それぞれに微妙に違いがあります。

 

「内服液」は1回1本飲みきりタイプのドリング剤で満量処方の抑肝散ドリンクです。

満量処方とは?
漢方薬は処方ごとにどの生薬を何g使用するのかを事細かに定められており、その基準通りの生薬量を使用して製造された漢方薬を満量処方と言います。

 

「錠剤」はフィルムコーティングされた薬で漢方の匂いや味が気になる方に、「顆粒」は錠剤が苦手な方や飲み込むことが苦手なご高齢の方や錠剤が服用できない低年齢の分割服用に向いています。

 

「内服液」は症状が出るときに使うのに向いており、慢性的な症状には「錠剤」や「顆粒」がおすすめです。

 

 

成人の方はどれも1日3回食間服用となります。(漢方薬は腸内細菌で代謝され薬効を示すと言われており、食間、または食前に服用します)
使用方法として1日3回食間、または食前に飲むことを考えると持続時間は3〜4時間だと思われます。
※食間とは食事中ではなく、食事と食事の間で食後2〜3時間のことです

 

副作用

処方箋なし、薬局やドラッグストアで誰でも購入できる薬だけあって副作用はほとんどありません。
ただし、発疹・発火、かゆみなどの報告の他、まれに間質性肺炎・心不全・肝機能障害と言った重篤な副作用が生じることもあるので使用上の注意をよく確認して使うようにしてください。

 

漢方薬は天然のものなので安全、副作用がないというイメージが先行しているようですが、副作用が軽度で少ないものの、食物アレルギーのように体質に合う合わないはあるため、場合によってはアレルギー反応が起こることもあります。その点では薬と変わらないので注意して使用してください。

 

また、アロパノールには西洋薬に含まれているような強い眠気を及ぼす成分は配合されていないため、服用時も車の運転は可能です。その他、妊娠中の使用に関する安全性は確立していないため、禁忌ではありませんが、使用は慎重になる必要があります。使用に不安を感じる場合は医師・薬剤師に相談を仰いでください。

 

 

 

緊張対策・あがり症対策としての効果で言えば、処方薬であるインデラルにはかないませんが、誰でも手軽に購入できるというメリットはあります。アロパノールを使ってみたいという方はお近くの薬局、またはドラッグストア、アマゾンや楽天など通販サイトから購入してください。

 

 

アロパノールの口コミを集めました

育児ノイローゼ気味のため服用。
とても苦いお茶のような味で焦がした黒糖を入れたような味ですが、寝つきは良くなり、眠りが深く感じた。ただ、イライラに効いたのかはわからない。

イララックやアロパノールを含む市販薬を試したことがありますが、処方薬である抗不安薬(デパスなど)と比べると効果は気休め程度です。市販薬の中ではウットの方がブロムワリレル尿素(強い鎮静効果の成分)が含まれるので効果は強いと思います。

アロパノールだけでなく、パンセダンなども飲んでいましたが特別な効果は感じられませんでした。市販の物は色々試しましたが、副作用は出ても効果は感じられないことが多い。

個人的にはとても良い薬です。

 

あまり多くの口コミは見つかりませんでしたが、緊張対策として使用している方の多くは処方薬と比べた場合の効果の物足りなさを感じているようです。ただし、効果には個人差もあり、イライラは抑えられずとも寝つきは良くなったなど確かな効果を感じている方もいます。

 

市販薬ではなく、処方薬で確かな効果が欲しいという方は以下を参考にしてください。
【緊張薬.com】緊張や震えをなくす市販&通販で買えるお薬