デパスの代わりになる?グランダキシンの緊張・あがりへの効果と持続時間について

グランダキシンの緊張・あがりへの効果と持続時間について

グランダキシンジェネリック

緊張やあがりに効く薬としては、抗不安薬のデパスが有名ですが、現在は個人輸入の規制などにより個人での入手が困難になりました。デパスを処方してもらうには精神科や心療内科に通い、医師・薬剤師の診察の下処方してもらうしかありません。

 

そこでデパスの代替えとなる医薬品がないかを調べてみたところ、デパスとよく似たベンゾジアゼピン系の薬として「グランダキシン」というお薬がありました。

 

グランダキシンはトフィソパムを主成分とするお薬で、日本の製薬会社「持田製薬」が販売するベンゾジアゼピン系の抗不安薬です。化学構造上ベンゾジアゼピン系のお薬なので自律神経系に働きかけ、発汗や動悸、イライラや不安感などを抑制する働きがあります。

 

こちらは今のところ規制などはなく、海外通販や個人輸入にて個人での購入も可能です。もちろん、病院に通い、医師に処方してもらうこともできるので各々の事情に合わせて検討してみると良いかもしれません。

 

緊張薬などあがり症の薬としては近年、「デパス」や「インデラル」が個人輸入の規制により購入できなくなってしまったので、その代替えの候補になるかもしれません。

 

以下の通販サイトで手軽に購入することができます。口コミ情報も掲載されているので参考にしてみてください。

 

オオサカ堂 トフィカーム

 

グランダキシンとデパスの違いと比較

デパスとの効力には大きな違いがあり、人によってはあまり効果を得られない可能性もあります。これまでにデパスを服用してきた方はデパスの代わりとして使用してみるのも良いかもしれませんが、緊張緩和としては少し頼りないところはあるかもしれません。

 

逆に、これまでデパスを使用していなかったり、緊張対策として薬を服用する方には同類薬の中では作用が穏やかで、副作用も少ないため、比較的気軽に試しやすいかもしれません。

 

効果

自律神経失調症などの治療薬として使用されるお薬で、自律神経の乱れを調整する働きがあります。そのため、緊張・あがり症対策としては、自律神経のバランスを整えることで、発汗、動悸、不安感などの症状を抑える効果が期待できます。

 

比較的安全性の高い薬で、副作用も少ないと言われています。また、グランダキシンは多汗症の治療薬としても用いられています。

 

持続時間(作用時間)

グランダキシンは服用後、30分〜1時間で効果が現れはじめ、効果は6時間程度持続する短時間型のお薬です。後ほどグランダキシンの口コミを紹介していますが、効果に個人差はありますが30分〜1時間程度で効果を感じる方が多いようです。

 

デパスと比較すれば効力が低いですが、同様に持続時間も比較的短い緊張に効く薬です。こういった短時間型のお薬は1日緊張を強いられるような場面では使うのが難しいかもしれませんが、局所的に緊張する場面をしのぐ場合にはメリットになります。

 

薬が素早く抜けるというのは薬が体内に残る時間が少ないということでもあり、薬の副作用などは少ないと言えます。

 

しかし、注意事項や飲み合わせ他、禁忌などもあるので、その点はよく理解した上で服用するようにしてください。不安な場合は医療機関を受診し、処方してもらうのが確実です。

 

使い方

グランダキシンを緊張対策として服用するのであれば、効果の強さや持続時間から考え、緊張を強いられる場面の1時間ほど前に服用するのがおすすめです。

 

個人の体格や効果の表れ方などによっても服用量は異なりますが、基本的には1回50mgを1日3回を上限とし、症状や場面にあわせて適量を服用するようにします。(グランダキシンは50rと100rの錠剤が販売されています)

 

通常の用法
成人は1回50mgを1日3回経口服用します。
年齢や症状により適宜増減する。

 

一般的には少量から始め、効果を確かめながら増量していきますが、緊張対策として使用している方は緊張を強いられる場面の1時間ほど前に100mgを服用している方が多いようです。

 

朝礼やプレゼン、会議ほか、就職や転職活動中であれば面接などの時間を逆算し、ピンポイントで効果を得られるように服用してみるのも良いでしょう。グランダキシンは短時間型のお薬なので長く成分が体にとどまることなく、抜けるため比較的副作用も少なく安全と言われています。

 

使用期限(消費期限)

グランダキシンに限らず、一般的にはほとんどの薬が3〜5年が使用期限(消費期限)なります。そのため、グランダキシンも同様に3〜5年程度を使用期限と考えておくとよいでしょう。

 

仮に何年も使わずに保存している場合は使用期限、または購入日を確認し、細心の注意を払い使用するようにしてください。

 

現状、紹介する個人輸入代行サイトではバラ売りがありませんので箱買いになります。箱であれば外箱などに使用期限が書かれていることが多いのでチェックしてみてください。

 

副作用

グランダキシンは穏やかな作用と副作用の少なさが特徴ともいえる薬なので、比較的安心して使用できます。現に、その副作用の少なさから医師も安心して処方できる薬として認めているのでしょう。

 

しかし、人によって、眠気やめまい、ふらつきほか、口の渇きや便秘と言った副作用の報告もあるので注意の必要があります。

 

依存性は低いとされていますがデパス同様にベンゾジアゼピン系の薬であり、依存性は全くないとは言い切れないため、不安な場合や継続的な服用には医師や薬剤師に相談を仰いでみると良いでしょう。

 

多汗症の薬としても使用されるように、口の渇きや便秘などの報告もあります。

 

グランダキシンの緊張対策・あがり症対策としての使用口コミ

普段から緊張する場面が多く、困っているためお守りが代わりとして購入しました。服用すると緊張はやや落ち着く感じがします。

まだ飲み始めたばかりなので1日半錠を2〜3回飲んでいます。あがり症なのですが、顔の赤みが和らいだり、脚のむくみが和らぐ気がします。

緊張やドキドキが収まります。緊張しそうな日にはこのお薬が欠かせなくなっています。

効いているのか効いていないのか微妙な感じでしたが、なんとなく手汗や脇汗は減ったような気がしています。

普段は人目が気になる質でしたが服用するとあまり人目が気にならなくなります。いい意味で鈍感になれる気がします。

緊張しなくなったというよりもストレスに少し鈍感になることができ、緊張が和らいだような気がします。

緊張しやすく、すぐにドキドキして汗をかいてしまいますが、飲むと安心できるので出かけるときは必ず持ち歩くようにしています。

私にはまったく効果がありませんでした。

不安を感じるときに100mgを飲むと1時間ほどするといつの間にか落ち着いているといった効き方です。副作用もなく、穏やかにではありますが効き目はあると思います。

心臓のドキドキやイライラ感を軽減できていますが、効き目はそんなに強くないと思います。薬に頼りすぎるのはよくないと思っているのでちょうど良いくらいです。

100mgを半分に割って飲んでいます。穏やかな効き目ではありますが、毎日のサポートとして助かっています。

50mgを1日3回飲んでいますが50mgよりも100mg飲んだ時の方がやっぱり効き目があります。今後は状況に応じて飲み方を工夫してみます。

 

 

 

やはりデパスと比較すると効き目が劣る分、グランダキシンの効果が穏やかという口コミが多いです。

 

しかし、緊張感を和らげたり、あがり症対策としては一定の効果を得られている方も多いため、デパスの代用としては試してみる分には良いかもしれません。

 

飲み始め1時間ほどで効果を感じている方が多いですが、中には10分、30分で効果を感じている方もいるため、個人差はあると思います。

 

少量から試し、自分に合った使い方をするか、医師や薬剤師に相談してみるのも良いでしょう。

 

50mg1箱から購入できるので試してみるのも良いかもしれませんね。価格で言えば100mgの方がお得なので100mgを買って、ピルカッターなどで半分に割って飲むのもお値打ちです。

 

グランダキシンは以下で個人輸入にて購入できるので検討してみると良いでしょう。

 

オオサカ堂 トフィカーム