緊張 薬 イララック

イララックの効果や持続時間について

小林製薬イララック

緊張抑制に効果がある薬として市販薬では「イララック」が販売されています。
イララックは薬局をはじめ、国内の通販サイトでも手軽に購入できます。

 

しかし、効果という面でいえば正直物足りないというのが正直なところです。私もイララックは試したことがありますが、ほとんど効果を感じられなかったため現在は使っていません。

 

まずは市販薬から試してみたいということであれば、試しに購入してみるのも良いと思いますが、イライラ感や興奮を抑えるのには効果があるかもしれませんが、緊張対策としての利用ではあまり過度に効果は期待しない方が良いと思います。

 

イララックとは?

イララックは日本の製薬会社小林製薬が発売している市販薬です。
大手製薬会社のため安心感という面では高いメリットがあるのではないかと思います。

 

効果

イララックは、高ぶった神経を落ち着かせ、気持ちを穏やかにする薬です。
植物由来の生薬エキス(パッシフローラ乾燥エキス・チョウトウコウ乾燥エキス・カノコソウエキス・ホップエキスなど)がイライラ感や神経の高ぶりを鎮めます。そのため、イライラ感や興奮感、緊張感の鎮静に効果があると言われています。

 

持続時間と使い方

イララックは服用後、1時間ほどで効果が現れはじめ、7時間程度持続すると言われています。
服用は1回2錠(カプセル)を1日2回の使用です。

 

個人差がありますが、私個人の感想を言えば、飲んでもほとんど効果を感じず、正直効いているのか効いていないのかの変化を実感できませんでした。
軽い緊張症状に悩んでいる方には良いかもしれませんが、大きな会議や強い緊張をしいられる場面での服用にはあまり効果がないかもしれません。

 

使用期限(消費期限)

イララックは市販薬でインデラルのようにバラ売りで販売されていないため、外箱を見れば使用期限が確認できます(外箱に使用期限が記載されています)。薬の使用期限の目安としては3〜5年ですが、製造日と販売日に違いがあるので一概にどれだけということはできませんので、購入した際に使用期限を確認して使用するようにしてください。

 

副作用

処方箋なし、市販でも手軽に購入できる薬だけあって副作用はほとんどありません。
ただし、発疹・発赤、かゆみ、嘔吐、食欲不振なども報告があるようです。

 

妊娠中の方や授乳中の方、アレルギー体質の方は使用に慎重になる必要があります。

 

 

 

効果の面で言えば断然「インデラル」ですが、まずは市販薬で試してみたい場合はアマゾンや楽天からでも購入できます。

 

イララックの口コミを集めました

大勢の前に出たときなど過度のストレスに対するあがり症の症状(震えなど)抑制を期待したがほぼ効果が感じられなかった。
緊張の緩和という部分でも「??」な効果で、ダミーピルなんじゃないかというレベル。

 

日々の慢性的な軽度のストレスには多少効果があるのかもしれませんが、私のような意図の場合は素直に医師に専門の処方薬を服用することをオススメする。

鎮静作用のある市販薬をいくつか試した事がありますが、自分の体質に合っていたようでこの商品が一番効果を感じました。
イライラするのを完全に防ぐ事は出来ないものの寝付きの悪さが改善されたように思います。
カプセルが少し大きめで飲み込みにくいのが難点ですね。

 

あまり多くの口コミは見つかりませんでしたが、やはり私も飲んで感じたことですが緊張対策としての利用では、あがり症の諸症状を抑えるほどの効果を期待できないという口コミがあります。