レキソタンは通販・個人輸入では買えません|デパスとの違いについて

レキソタンの効果や持続時間について ※通販・個人輸入では購入できません

レキソタンは1997年に日本で認可されたブロマゼパムを主成分とする医薬品で日本の製薬会社中外製薬が製造販売している精神安定剤・抗不安薬です。

 

始めに伝えておくとレキソタンは現状海外通販サイト・個人輸入代行サイトを含め、市販では購入することはできません。そのため、レキソタンを入手するには精神科や心療内科など病院を受診し、医師の診察を経て処方してもらうしか入手方法はありません。

 

同等の効果の薬が欲しいという方は同タイプの精神安定剤などを精神科や心療内科を受診し、処方してもらうと良いでしょう。
以下で詳しく説明していますが、レキソタンと一部精神安定剤は同じベンゾジアゼピン系の薬で効果が非常によく似ています。

 

効果

レキソタンに含まれるブロマゼパムはベンゾジアゼピン系の精神安定剤・抗不安薬の一種で脳の神経受容体である「BZD受容体」に作用することで緊張をほぐし、心身をリラックスさせる効果があります。

 

そのため、不安・緊張・焦燥(あせり)・抑うつ・イライラといった精神症状の改善に使われています。

 

筋弛緩作用もあるので筋肉の強張りやツッパリをほぐすのに使われることもあり、一部精神安定剤同様肩こりの緩和にも使われています。他にも穏やかな鎮静作用と軽い催眠作用があるため睡眠障害の治療にも使われることがあります。

 

持続時間

レキソタンは同タイプの薬である精神安定剤と比べると緩やかに効き始める傾向があり、服用後1時間程度、早い人だと30分程で効果が現れ始めます。

 

ただし、中には効果を感じられるまでに2時間、遅いと4時間かかることもあるようなので、なかなか効き目が現れないからと言ってむやみに服用量を増やさないように注意しましょう。

 

薬の効果(作用時間)は12〜24時間の中間型になります。

 

使い方

レキソタンは持続時間が比較的長い(中間型)お薬のため1日中緊張や不安を抑えたい方に向いていると思われます。

 

即効性はそれほど高くはなく、緩やかに作用し、1日中効果が得られるため、ピンポイントで使うというよりは朝から数回に分けて飲むようにすると良いでしょう。

 

一般的に服用量は1日15mgを上限として、1日6〜15mgを2〜3回に分けて服用します。

 

副作用

レキソタンは比較的副作用が少なく安全性の高い薬ですが、発疹、かゆみ、眠気、ふらつき、めまい、口渇、疲労感、脱力感などが報告されています。発疹や発熱、アレルギー症状などの過敏症状が現れた時は使用を止め、すぐに医師に相談しましょう。

 

妊娠または授乳中の方は医師との相談の上での使用をおすすめします。

 

また、依存を起こす場合やただならぬ眠気を催す可能性もあります。
眠くなったり、注意力、集中力、反射運動能力が低下することがあるため、服用中は自動車の運動や高所での作業など危険を伴う作業を避けるようにしてください。

 

服用中のアルコールの摂取は薬の作用を強める怖れがあるため避けましょう。

 

レキソタンとその他抗不安薬の違いは?

ベンゾジアゼピン系抗不安薬は大きく「短時間型」「中間型」「超時間型」「超長時間型」の4種類に分けられます。
ここでは緊張対策に使われやすい「短時間型」のベンゾジアゼピン系抗不安薬と比較します。

レキソタン ベンゾジアゼピン系抗不安薬
短時間型
作用時間

12〜24時間

4〜6時間

即効性

1時間〜2時間

30分前後

 

まとめるとこのような違いがあります。

 

レキソタンは短時間型のベンゾジアゼピン系抗不安薬と人気を二分しており、精神安定剤・抗不安薬でも有名な薬です。

 

レキソタンは短時間型と比べ服用後の眠気が比較的起きにくいようですが、睡眠導入剤としても使われることもあり、眠気が訪れる方もいます。この辺りは個人差が大きい部分です。

 

ただし、短時間型と比べると眠気を感じにくいという方も多く、短時間型を使用して眠気を感じる方や眠気をなんとかしたいという方はレキソタンがおすすめです。

 

眠くならないため、勉強や作業にも集中できるので不安を抑えたいけど眠くなっては困るという学生やサラリーマンに向いているお薬と言えます。

 

レキソタンは短時間型に比べ、長時間型(中間型)というのがもっとも大きな違いかもしれません。

 

以下の口コミも参考にしてください。

レキソタンの口コミを集めました

イライラ感や不安感に良く効くためレキソタンを飲めば些細なことは気にせずに済むようになります。

とてもよく効きます。ただし、私の場合は効果を実感できたのは2mgから5mgに変更してもらってからでした。

突然現れる原因不明の不安にはよく効きます。しかし、明日は大事な会議があって緊張しそう・・・。仕事でミスをして上司に怒られそう・・・というような具体的な理由があり、健常者でも多かれ少なかれ感じるような不安はあまり解消できないと感じています。不安で不安で症状が出るという場合には完全に不安がなくなるわけではありませんが症状を大きく軽減できます。

眠くならず、頭が冴える。

レキソタン2mgでは不安感が残りましたが、5mgに変えてからは全く不安感も恐怖感も消えてありのままの自分が出せていると感じられます。
ただし、依存症になりやすい薬とも言われているので使用する場合はルールを守って正しく使うことをおすすめします。

私の場合2mgではダメでしたが、人によっては2mgでも十分に不安感を抑える効果があると思います。

「効くといいなぁ」と思って5mgを試しで処方されましたが、なんとなくマイルドに効いている感覚はあります。
恐怖や不安感が取り除かれ、気持ちがフワッとするそんな感じ。

レキソタン5mgを服用していますが、職場では気が張っているためか全く眠気は感じません。家に帰ると不思議と強い眠気を感じることはあります。

デパス0.5mgを飲んでもレキソタン2mgを飲んでもまるで効果がない。もう換わりになる薬もなさそうで人生諦めかけています。

昔から社交的な性格だったのですがある時から突然人と話すことが難しくなった時期があります。軽い対人恐怖症だったと思いますがそのときに病院にかかり処方されたのがレキソタン5mgでした。
とても効果があり、薬を飲んでいると以前と同じように人と喋れるようになれました。今は以前のように薬を使わなくても良くなったので使っていません。

パニック症・不安症持ちですが、レキソタンを飲むと気分がすごく楽になれます。ただ、頼り過ぎていてもいけないと思い2mgにしたこともありますが、どうにも効きを感じられず今は5mgに戻しています。
いつかは断薬したいと思っていますが時間がかかりそうです。

 

短時間型のベンゾジアゼピン系抗不安薬とレキソタン使用者の口コミ

レキソタンの効き目はあまりわからない。
デパスは肩こりや疲れもとれて不安も解消する。
デパスはその点で万能薬だと思う。

正直なところあまり効果に違いはないですが、どちらかと言えばデパスの方がよく効く気がする。
デパスはレキソタンに比べて効き目が短いですが、その点以外は個人的に気に入っている。

デパス1mgとレキソタン5mgを2つ併用しています。
レキソタンは眠くならないけどデパスは眠くなりやすい気がします。寝る前にデパス、不安感にはレキソタンを主に使います。

デパスは気分の上下動が激しく、薬の効果が切れた後の反動が強い気がする。レキソタンはマイルドに効き始め、長時間に渡って作用するので精神安定という意味ではレキソタンがいい。
普段はレキソタンで緊急時はデパスを使っています。耐性がつくのを避けるため極度の緊張場面など必要な時にしか飲まないようにしています。

これまでにレキソタンとデパスを使ってきました。レキソタンと比べるとデパスの方が効き目は短く感じます。
私の場合、緊張場面でしか薬を使わないため今は作用時間の短いデパスを使っています。飲んだらすぐに効き、比較的すぐに抜けるところが気に入っています。

デパスは効きはじめが分かりやすいためか飲むと気持ちが前向きになりやすいです。ただ、時間が短く、抜けていく感覚もわかりやすいのが少し気になるところです。
レキソタンはデパス程の急激な効き目はないけど徐々にゆっくりと効き始める。デパスのような気分の変化はあまり起こらない。

以前はレキソタン2mgを頓服していましたが、あるとき不安なことがあって2錠一気に飲んでみたけど期待していたほどの効果が得られなかった。それ以来レキソタンの効果を感じられなくなって今はデパスを飲んでいます。

レキソタンを使っていましたが個人輸入できないためデパスに変更。効果はそれほど違いはないように思います。私は緊張や不安を抑えるために飲んでいましたが、デパスは要所要所で使えるところが気に入っています。

デパスだけでもレキソタンだけでも効果が得られず、今はデパス+レキソタンを服用しています。そのためどちらも不可欠。どちらかだけで効果があるならデパスを使うと思う。

デパスはお酒(アルコール)に似ていて効きも早いけど効きが抜けた後に少し反動がある。その点レキソタンは安心して飲める。
ただし、会議やプレゼンなどではデパスの力を借りています。

どちらの薬も効果に大差はない。極度の緊張でどうしようもない時、いざという時だけ飲むようにした方が良いと思う。

 

 

 

ベンゾジアゼピン系抗不安薬を緊張対策やあがり症対策として局所的に使うには短時間型の方が有効と言えるかもしれません。
一日中不安を抑えたい場合はレキソタンは作用時間が長い点はメリットと言えると思います。

 

ただし、レキソタンは通販、個人輸入で買えないため病院などで診察を受けなければ入手できないというデメリットはあります。

 

レキソタンは病院によっては処方してもらいにくいという口コミもありました。

 

病院を受診する場合は希望を伝え、医師の判断に任せることにはなると思いますが、レキソタンを処方してもらえることもあるでしょう。