インデラルの代わりになる?メインテートの緊張・あがりへの効果と持続時間について

メインテートの緊張・あがりへの効果と持続時間について

メインテートジェネリック

メインテートは「ビソプロロールフマル酸塩」を主成分とするβ遮断薬(βブロッカー)で、狭心症や不整脈、慢性心不全などの治療薬として使われているお薬です。

 

インデラルも同じβ遮断薬という系統のお薬です。

 

緊張を感じた時に心臓がバクバクしてしまう人などあがりに悩む方にとっては、上昇する心拍を抑える効果が期待できるので、個人輸入ができなくなったインデラルの代用として考えてみるのは良いかもしれません。

 

実際にインデラルの代用として使用されている方の口コミも集めていますので覗いてみてください。

 

メインテートの緊張・あがり症対策としての口コミ

 

ただし、インデラルが個人輸入の規制になったのには理由があるようにメインテートも用法用量を守り、正しく使わなければ危険が伴います。薬についてよく理解した上で自己責任にて使う必要があります。

 

不安な場合は医療機関などを受診し、医師・薬剤師の指導の下、使用するようにしてください。

 

 

 

メインテートは海外通販や個人輸入を利用することで誰でも比較的容易に購入できます。国内の薬局やドラッグストアなどでは販売されていないので、医療機関以外での入手には個人輸入代行サイトを使うしかありません。

 

現在メインテート(ジェネリック含む)を取り扱っている通販サイトは以下になります。口コミ情報も掲載されているので参考にしてみてください。

 

オオサカ堂 メインテートジェネリックコンコール
BESTケンコー コンコール
くすりExpress メインテート

 

効果

心臓の働きを活発にするホルモン「カテコールアミン」が心臓の特定部位であるβ受容体に結びつくことにより、脈の乱れを整えたり、心臓の収縮を和らげ、血圧を下げ、心拍数を正常に保つ作用があります。

 

あがり症など緊張時に起こりやすい心臓のドキドキなどの動悸を抑える効果が期待できます。

 

例えば、緊張時に心臓のドキドキに焦り、声や体が震えたり、動悸によりさらに緊張感を強めてしまうような方にはβ遮断薬は効果が期待できます。

 

インデラルの効果や持続時間について

 

メインテートとインデラルの違いと比較

メインテートとインデラルは同じβ遮断薬ですが、薬の効き方に大きな違いがあります。インデラルは比較的即効性が高く、短時間型の薬なのに対して、メインテートは遅効性で半減期も長いお薬です。

 

人によって薬の効き方、感じ方に違いはありますが、インデラルのように飲んですぐ効き、スパッと抜けるわけではなく、じんわりと1時間程度かけて効きだし、効果が比較的長く持続する薬です。

 

すぐに効き出すわけではないので効果が弱く感じるかもしれませんが、じんわりと効いてくるお薬です。

 

インデラルのように局所的に使うというよりかは朝飲んで一日効果が持続するタイプの薬と考えると良いかもしれません。人によってはむしろインデラルより向いているかもしれませんね。

 

後ほどメインテートの口コミやインデラル服用者のメインテートとの比較口コミをまとめているので参考にしてみてください。

 

持続時間(作用時間)

後述していますが、メインテートは通常1日1回の服用になります。つまり、持続性のある薬であり、半減期(血中薬物濃度が半分に低下するまでの時間)が長い特徴があります。

 

明確な作用時間に関する記載はありませんが、使用者の口コミによると「服用後およそ1時間程度で効きはじめる」との声が多いです。

 

インデラルは比較的即効性のある薬ですが、メインテートは遅効性の薬なので少し効き始めるまでに時間がかかりやすいようです。

 

また、作用時間が長いということはそれだけ体内に成分が残るということであり、効果と同様に副作用も長く出る可能性があります。用法用量は守り、正しく使用するようにしてください。

 

使い方

メインテートは薬効があらわれるまでに1時間程度との声が多いので、緊張やあがり症対策、動悸対策として使用するのであれば、面接や会議ほか、プレゼンなど緊張する場面の30分〜1時間前に服用するようにすると効果を得やすいかもしれません。

 

また、効き目の長いお薬なので朝飲んで1日過ごすという使い方も良いかもしれません。

 

薬の効果は人によってバラつきがあるので、ぶっつけ本番で使用するよりかは一度や二度試しに使用し、薬の反応を自身で確かめておくとよいかもしれません。

 

メインテートは元々狭心症及び、高血圧や不整脈の治療に使われる薬です。そのため、高血圧の方の使い方も知っておきましょう。
参考:おくすり110番

 

高血圧の方の場合
1日5mgを1日1回経口服用。(年齢や症状により適宜増減する)
効果や年齢、症状により適宜増減するが最大で5mgまで。

 

緊張緩和を目的にするのであれば上限を5mgとして使い(上限は守り)、場合によっては0.625mg程度から段階的に増やしていく飲み方をした方が良いかもしれません。

 

あがり症や緊張対策として使うのであれば狭心症の治療目的とは異なるので、これが絶対というわけではありませんが、メインテートの通常の服用方法の範囲内で使った方が良いということです。

 

個人の判断で使用するのであれば、基本的には少量からはじめ、効き目を確かめながら、様子を見ながら徐々に増量していった方が無難でしょう。

 

高血圧治療の場合でも1日5rを上限と定められているので個人で使う場合はそこを超えないように使用してください。

 

また、アルコールとの併用は薬の働きに影響が出る可能性があるので飲酒をする際は控えるようにしましょう。

 

使用期限(消費期限)

メインテートに限らず、多くの薬は3〜5年が使用期限(消費期限)となっています。例えば、個人輸入などでは買い溜めをする方も多いかと思いますが、購入後長期間使用せずに保管する場合などは、使用前に薬の使用期限、または購入日を確認するようにしてください。

 

使用期限は箱に記載されていることが多いので事前にチェックしておきましょう。

 

メインテートは今のところ箱売りでしか販売されていないので問題ないかと思いますが、バラで持ち歩いたり、購入する際は使用期限を忘れないように注意しましょう。

 

副作用

メインテートは、狭心症のお薬でもある通り、副作用として徐脈があります。脈拍が1分間に50以下になったり、服用後に息苦しさなどを感じた際は直ちに使用をやめ、医師・薬剤師に相談するようにしてください。

 

特に高齢の方に徐脈を含め、心拍数の障害が起こりやすいようなので十分に注意して下さい。

 

その他、飲みはじめに、体にだるさ、倦怠感を感じたり、めまいを感じたとの報告もあるので、服用後すぐに自動車の運転をする場合は注意した方がよいでしょう。軽度であれば問題はありませんが、症状がひどい場合などは使用をやめてください。

 

その他、喘息持ちの方は喘息発作の誘発にもつながる可能性があるので十分に注意してください。

 

メインテートの緊張対策・あがり症対策としての使用口コミ

用量によっても違いがあると思いますが、脈拍が落ち着くのは30分〜1時間くらい経ってからです。頓服としての即効性ならインデラルです。10分〜15分くらいで効き始めます。

私の場合、15〜30分くらいで気にならない程度まで収まります。

毎朝5mg錠を4分割したものを1つ服用しています。ちょっとしたことでドキドキしやすかったのですがこれだけでほぼ抑えられます。

インデラルが手に入りづらくなったのでこちらに移行しました。半分に割って飲んでいますが動悸も少なくなりました。

インデラルであがり症を克服していたのですが、購入できなくなり不安です。代替品があるとのことでメインテートを使用しています。

クリニックに行くほどではないですが、ここぞという時に震えてしまったり、冷静さを保つために服用しています。

インデラルとテノーミンが個人輸入で購入できなくなってしまったためメインテートに換えました。

インデラルの代わりとして期待しましたが私には合わなかったです。

インデラルは即効性があってよかったのですが、メインテートはじんわり、そしてやんわりと効く感じです。ただ、飲まないと人前に出れないのでその面で言えば効果があると感じています。

インデラルの代用として購入しました。5mgを半分に割って飲んでいますがインデラルとは効きが違うのか脈を抑えきれていないように感じます。もう少し様子を見ながら使い続けてみようと思っています。

インデラルより穏やかな感じはしますが効いています。代替としてしばらく使い続けてみます。

インデラルは1日に何回も飲む必要がありましたが、メインテートは1日1錠で済むので楽でいいです。私には合っています。

 

 

 

このようにインデラルの規制により、インデラルが購入できなくなってしまった方が代用として使用しているのがわかります。

 

多くの方がインデラルと比較すると効果の効き始めが遅い、または、弱いと感じているようです。ただ、それでも、効果は得られているようなのでインデラルの代用としてあがり症などの緊張時に起こる心臓のドキドキには効果が期待できる薬と言えるでしょう。

 

4分割から始め、やんわりと効果が期待できている人もいれば、半分にカットして使っているけど効果があまり感じない人など個人差はあるようです。中にはインデラルは1日に何回も飲まなければいけなかったけどメインテートは1日1錠で済むからいいという声もあります。ここは個人差もあり、人それぞれですね。

 

一度試して、合うようであれば使い続けてみるのもいいかもしれませんね。

 

メインテートは以下で個人輸入にて購入できるので検討してみると良いでしょう。

 

オオサカ堂 メインテートジェネリックコンコール
BESTケンコー コンコール
くすりExpress メインテート