知っておくとよい薬の個人輸入・海外通販に関する決め事

薬(医薬品)の個人輸入・海外通販に関するルール

人には相談したくない悩みやコンプレックスを抱えている、できれば誰にも知られずに薬を購入したい、病院への診察代や薬代を少しでも抑えたい。

 

人それぞれに海外通販・個人輸入を選択する理由はあると思いますが、薬の海外通販・個人輸入を行う時に不安に思うことが多いのが、そもそも個人で薬を輸入してもよいのか?ここではないかと思います。

 

ここでは、薬の海外通販や個人輸入に関する法律的な部分について解説していきます。個人輸入代行サイトで個人目的で薬を使う分にはあまり気にする必要はないと思いますが、知っておいて損はないかと思います。

 

個人輸入に関する知識

個人での使用に限る

薬(医薬品)は人の健康や身体に直接影響を与えるもののため、品質、有効性、安全性について科学的なデータに基づき確認が取れたものだけを国内で流通できるとなっています。

 

そのため、国で認可されていない薬は販売が認められていません。

 

じゃあなんで認可されていない薬が買えるの?

例えば、精神安定剤・抗不安薬であるデパスは日本での販売が認められていますが、エチラームは認可が下りていません。しかし、個人輸入で購入することはできます。不思議ですよね。

 

それはなぜか?

 

代行業者がメーカーから直接仕入れたものを日本に輸入するという形で購入するため、国内で買い物をしたことにならないからです。

 

つまり、通販で買うという感覚は一緒ですが、個人輸入という形をとることで個人でも購入できるようになるということです。基本的に海外から通販でものを購入すると個人輸入になるため個人輸入も通販も大きな意味の違いはありません。

 

注意点!
ここで注意して欲しいのは、販売が認められていないということ、つまり、個人での使用に限るという点です。個人(購入者)の使用は問題ありませんが、購入した薬を売ったり(転売)したり、譲渡すると薬事法違反になります。

 

他の人の分を一緒に購入してあげる場合も譲渡することで薬事法違反になりますので注意してください。あくまでも自分で使う分の薬を購入する場合に限るということです。

 

輸入できる薬の量

自分で使用する場合にのみ薬の個人輸入は可能ですが、量を無制限に輸入することはできません。これは薬事法により定められていることで、特定の範囲内での輸入量が認められています。

 

目安として、「毒薬、劇薬又は処方箋薬」は用法用量からみて1ヶ月分以内、「それ以外の医薬品」は用法用量からみて2ヶ月分以内と決められています。

参照:個人輸入可能な医薬品等の数量について(厚生労働省)

 

ただし、この1〜2ヶ月分という基準は結構曖昧なため、目安は個々の薬の用法用量によっても判断されるようです。

 

インデラルの場合の参考
インデラルの一般的な使用方法(高血圧の方の場合)を参考にすると・・・
成人はプロプラノロールとして1日最大120mgを3回に分けて経口服用する。

 

つまり・・・
40mgを1日3錠使用すると考えれば1月に90錠となります。インデラルの40mgであれば1箱に300錠入っているため3ヶ月に1箱といったところですね。

 

1〜2ヶ月をオーバーしているじゃないか!という話ですが、この辺りは少し曖昧なところですね。問題なく購入できますので。仮に10mgであれば1日12錠×30で360錠となります。10mgは1箱に400錠入っているため、1ヶ月強と言ったところで、こちらも問題なく購入できます。

 

仮に認められない場合でもオオサカ堂などの代行業者は分納で対応してくれるためたくさん注文しても大丈夫な場合がほとんどです。

 

分納とは?
注文された複数の商品を間隔を空けて配送すること。例えば、2箱の注文を受けても一度に2箱送らず1ヶ月の間を空けて2回に分けて送る。

 

オオサカ堂などでは1ヶ月の規定量を超える場合は発送元の判断によって分納発送されるなどリスクの管理も行われています。

 

ルールの中で自己責任で使うことが大切

大切なことはこういった薬事法などのルールの中で自己責任で使うということです。

 

基本的に個人輸入の場合、自分での使用という点に注意すれば、ほとんど気にする必要はありません。

 

輸入量などもそもそも購入の上限が定められています。一気に何箱も買いたいと考えたことがある方もいると思いますが、個人輸入代行サイトの方で一度に大量に購入ができなくなっていると思います。ここには薬事法の絡みなども考慮しているのだと思われます。

 

最後に

薬を通販・個人輸入で購入したいと考えている方の多くは、深い悩みを抱えていると思います。国内で買える薬であれば、病院などの医療機関へ受診することで医師や薬剤師の診察・カウンセリングのもと薬を処方してもらうこともできますが、医師や薬剤師であっても自分の悩みを告白しなければなりません。

 

仮に本来の目的を隠したとしても「この薬が欲しい」ということを告げればだいたいどんなことで悩んでいるのかも察しは付くものです。

 

別に隠す必要はないのですが、人には言いにくい悩みやコンプレックスはあるものです。

 

そんなときに薬の海外通販や個人輸入を選択すると良いでしょう。

 

どういった風に届くのかなどは私自身も実際に使ってそのときの様子を写真つきでも公開しているので購入の際の参考にしてみてください。
【緊張薬.com】緊張や震えをなくす市販&通販で買えるお薬