多汗症治療薬 抗コリン剤プロバンサインと精神安定剤

抗コリン剤プロバンサインと抗不安薬 緊張性・精神性の汗に効果のある薬

あがり症や緊張に悩む方の中には症状の一つとして異常な発汗、滝のような汗といった多汗症の症状に悩まされている方も多いかと思います。

 

私は多汗症と言うほどでもありませんが、精神的にプレッシャーがかかるような場面で全身から汗が吹き出ることがあります。特に苦手な場面で言えば、仕事中に自分の席の後ろに立たれたりするとジワーっと全身から汗が出ることがあります。

 

一つの緊張性の症状ですが、こういった精神性発汗(精神性多汗症)の汗を抑えるのに効果的な薬があります。

 

あがり症や緊張に効く薬とはまた別になりますが、多汗症はあがり症とも関係の深い症状の一つなので紹介します。
緊張時の汗の悩みをお持ちの方は検討してみると良いと思います。

 

多汗症の汗に効く薬

多汗症に効く飲み薬としてプロバンサインが特におすすめですが、一部精神安定剤(抗不安薬)も間接的に汗を止めるのには効果が期待できます。

 

抗コリン剤プロバンサイン

 

それぞれに効果が違うため、適した方を選ぶようにしましょう。

 

プロバンサイン

抗コリン剤プロバンサイン

プロバンサインは日本で唯一多汗症の治療薬として認められている薬で実際に多汗症治療に使われるお薬です。

 

効果としては、発汗そのものを抑えることができます。

 

多汗症など汗のメカニズムとして、副交感神経のアセチルコリンが関与していると言われています。

 

プロバンサインに含まれる成分のプロパンテリン臭化物がアセチルコリンの働きを弱めることで汗を防ぎます。(これを抗コリン作用と言います)

 

そのため、プロバンサインを服用すると多汗症の最大の悩みでもある、汗そのものを遮断することが可能になります。

 

元々は胃腸の薬として、胃炎や内蔵の痙攣(けいれん)を抑えるための治療薬として使われているお薬ですが、薬の適用の中に多汗症も含まれており、多汗症の治療薬としても使われています。

 

副作用

汗が出なくなるわけなので、当然副作用も感じやすくなります。
プロバンサインの主な副作用として、口の渇き、便秘、かすみ目が報告されています。
他にも人によっては頭痛や眠気、動悸が起こる例もあります。

 

重篤な副作用や重症化することはほとんどありませんが特に口の渇きや目の渇き(かすみ)は感じやすい副作用です。

 

汗は発汗することで体温調節の役割を担っていますが、発汗自体を抑制するため、体に熱がこもりやすく、ほてりを感じやすくなります。こまめに水分補給をとるなど対策を行いましょう。
また、目の渇きには目薬を指すことで対応が可能です。

 

このように副作用について対策を施せばそれほど心配なく使えますのでプロバンサインの副作用も理解した上で正しく使うようにしてください。

 

多汗症対策としての使い方

プロバンサインは服用後1〜1時間半で効き始め、効果はだいたい4〜6時間ほど持続します。

 

そのため、多汗症の発汗を防ぎたい場面の1〜1時間半前に服用するようにすると良いでしょう。
これは他の薬も同様で症状が現れてからでは焦ってしまうので早めの対処を心がけると良いでしょう。

 

多汗症の方の場合、1日中(仕事中や授業中)効果を得たい方が多いと思いますが、例えば、朝食前に1錠、昼食後に1錠など薬の効きを考えた上でタイミングを見計らって1日2回の使用で対処を行えば1日中薬の効果を感じられるはずです。

 

1錠と2錠でも効果の強さは変わるので適切な量はあなた自身で判断するようにしてください。量を増やせばそれだけ副作用も強くなるので注意して使用して下さい。
多くの方が1錠〜2錠で使用しているようです。

 

プロバンサインの口コミ

 

また、通常の使い方として1回1錠を1日3〜4回服用します。
そのため、4錠(プロパンテリン臭化物60mg)を上限として使うことをおすすめします。

 

精神安定剤(抗不安薬)

ここでは主に短時間型のベンゾジアゼピン系抗不安薬について紹介します。

 

短時間型のベンゾジアゼピン系抗不安薬は、交感神経に作用することで緊張や不安を消して心と身体をリラックスさせる作用があります。

 

手や足、わき、顔や頭と言った局所性の多汗症には効果は期待しにくいですが、緊張や不安、プレッシャーや焦りと言った精神面に作用する汗(精神性発汗)には効果があります。

 

人前や緊張する場面で大量の汗をかいてしまう方や汗が気になってさらに汗をかいてしまうような方はこちらを使用してみると良いでしょう。

 

 

 

プロバンサインと精神安定剤(抗不安薬)はどちらも多汗症に効果があります。
プロバンサインは直接的に汗を抑え、精神安定剤は間接的に汗を抑えると言った感じです。
それぞれに効果は異なりますので個人輸入を行う場合はどちらが自分に適した薬かを判断して購入するようにしましょう。

 

プロバンサインは個人輸入代行サイトでも販売されているので検討してみてください。ここで紹介した短時間型のベンゾジアゼピン系抗不安薬(デパス)については個人輸入の規制がかかったため、個人輸入(海外通販)での購入が不可能になり、病院で処方してもらうしかありません。

オオサカ堂 プロスパス(プロバンサインと同成分)
BESTケンコー プロバンサイン
くすりExpress プロバンサイン